2020年度「英語」学習におすすめの通信教育

<2020年度「英語」学習におすすめの通信教育>

2020年度から学習指導要領が新しくなり、小学校教育が大きく変わります。

知識・技能だけでなく思考力・判断力・表現力などの育成やプログラミング的思考の育成など、教科知識だけでなく学びに向かう姿勢なども大切に伸ばしていきます。

そのなかでも大きな変化となる「英語」

5年生・6年生では「英語」が教科となり通知表に評定がでるようになります。さらに3年生から外国語活動がスタートして「英語」に触れていく取り組みが始まります。

通信教育でも「英語」を大きな柱に考えている人もい多いと思いますし、これからの社会や教育でも英語力は必要不可欠ですので、家庭での英語環境を通信教育で作ってみましょう。

2020年度「英語力」を伸ばす通信教育3教材

小学生英語


これからますます注目される「英語」
2020年度の通信教育で、特に英語力を伸ばせたり充実した英語環境をつくることができる教材を3教材ピックアップしてみます!


〇 進研ゼミ

「進研ゼミ」では特に専用タブレットで学習をする「チャレンジタッチ」での英語学習がおすすめ。2020年度版の講座からリニューアルされ、毎日AIとの会話を通して「話す力」を育成。さらにデジタル学習のメリットを最大限に活かした「聞く」「書く」「読む」も含めた4技能をしっかりと楽しみながら伸ばしていくことができます。学年の枠に関係なくレベルに合わせた習熟度別の学び、「英検」「GTEC」などの検定対策まで充実の英語学習を実践していくことができるでしょう。


〇 スマイルゼミ

全学年標準教科になっており毎月段階的に楽しく英語を学ぶことができる講座が配信されます。「聞く・話す」力から育てて「読む・書く」も含めた4技能をしっかりと育成。自分の初をンを録音して判定したりお手本と見比べたり、動きのある学習スタイルで場面やシーンをイメージしながら英語に楽しく触れていくことができる。満足度を調査するイード・アワードにおいて2年連続で「子ども英語教材部門」において最終週賞を獲得する利用者に支持されている良質の英語学習ができます。


〇 Z会

学年ごとに無理のないレベルで英語に土台をつくりながら将来につながる「英語運用力」を育てていきます。デジタル学習で効果的に質の高い英語学習を実践していくことができ、学年ごとに明確な目的やねらいを持った確かな学習。添削指導を受けることができるのも大きな特長で、多様な角度から英語の土台をバランスよく培っていくことができる学習スタイルと内容になっています。

楽しく英語を学ぼう

基本的には他の通信教育でも英語に触れていく取り組みや英語学習を実践していくことができますが、やはりおすすめは上記の3教材です。他教科の学びも含めて総合的な取り組みをすることができ、モチベーションや意欲も伸ばしていくことができる通信教育です。

ゲーム形式のコンテンツで楽しく英語に触れたり、ネイティブの発音を聞いて自分で発声をしてみたり、ワクワクする学びを家庭で実践していくことができるでしょう。

特におすすめしたいのはタブレット形式の教材スタイル。
アニメーションで動きのある学習、ネイティブの発音を繰り返し聞く、ゲーミフィケーション要素を取り入れたワクワクする英語学習など、デジタルだからこその取り組みができます。

上記3教材はタブレットに対応しているので、おすすめする理由はそこにあります。

家庭から英語の土台をつくって、自然に英語を話したり学んだりできるような環境をつくっていきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ