2016年度『進研ゼミ+(プラス)』開講

<2016年度『進研ゼミ(プラス)』開講>

2016年度4月より、『進研ゼミ』が新しく『進研ゼミ(プラス)』として進化してスタートします。

従来のテキスト型「チャレンジ」、タブレット型「チャレンジタッチ」のほかに、新しく「ハイブリットスタイル」が登場し受講しやすくなりました。

それでは詳しく見てみましょう!

『進研ゼミ(プラス)』の概要

・オリジナルスタイル
⇒テキスト教材×体験型教材

現行のテキスト型教材「チャレンジ」。
紙教材ならではの読み・書きなど子供のやる気を引き出す工夫がされたテキスト型教材で学習。学校の授業とポイントが分かりやすく、赤ペン先生の添削テストや実力診断テストなど、テキストに人のサポートをプラスした学習。


・チャレンジタッチ
⇒デジタル教材

現行の「チャレンジタッチ」はそのまま継続。
専用タブレットで学ぶデジタル教材と年数回の補助教材(紙教材)で構成されており、満足度の高い講座です。自ら取り組む仕組みや学校の授業とは違う角度からの勉強で単元理解度を深め、動画・音声など楽しみを持って取り組むことができます。


・ハイブリッドスタイル
⇒デジタル教材×テキスト教材×体験型教材

20165年度より新しく登場するのが「ハイブリッドスタイル」。
専用タブレットではなくiPadを利用したデジタル教材と、テキスト教材をミックスした学習法。動画解説や理解度に合わせたと紙に書いて理解を定着させる学習でより個別に対応したスタイルになっています。もちろん赤ペン先生の添削もありますので、デジタルとテキストの良いところを合わせた学習スタイルです。

受講スタイルの変更はいつでも可能

上記は2016年4月からの受講システムですが、受講のスタイルは途中でいつでも変更することができます。

実際に受講してみないと分からないこともありますので、生活パターンや子供の目的などに合わせて対応していくようにしましょう。

また、新しく登場した「ハイブリッドスタイル」は専用タブレットでの受講ではなくiPadでの受講になります。専用タブレット「チャレンジタッチ」は専用タッチペンを使って書き込みができたり、読み上げ機能があったり、専用タブレットならではの学習ができますが、「ハイブリッドスタイル」はiPadですので通常のタブレットとしての機能を利用した学習になります。

この辺りは詳細が分かりましたら詳しく紹介していきたいと思います。

個々の学習のスタイルに合わせたコース選びが大切になりますので、『進研ゼミ』を受講する際はじっくりと各家庭で検討してみましょう。

進研ゼミ 小学講座

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ