通信教育の添削者をみてみましょう

<通信教育の添削者をみてみましょう>

添削システムがある『Z会』『ドラゼミ』『進研ゼミ』の3教材。

基本的に小学生向け通信教育では添削システム自体に大きな差はありませんので、それぞれの教材で添削方針、添削者の質、子供のやる気を後押ししてくれるような添削者であることが学力を伸ばすことにつながり学習意欲の向上にもなります。

そこで各教材の添削者の基準をみてみたいと思います。
添削者はどの教材も学力を有する添削業務専門のスタッフとして研修を受けている人が行っています。そのため添削者として採用されたスタッフが原則在宅で添削を行う場合がほとんどです。

各通信教育の添削者の応募基準

『Z会 小学生コース』

【応募資格】
短大卒業以上または同程度の学力をもつ55歳ぐらいまでの人
(※現役学生は不可)

【選考プロセス】
書類選考⇒模擬添削選考⇒最終合否⇒業務開始前研修(4回程度)⇒添削開始

個別担任制で国語・算数・理科・社会の4教科すべてを担当。
継続的に様々な研修を採用後も受講しています。


『進研ゼミ小学講座』

【応募資格】
大学卒業程度

【選考プロセス】
エントリー内容選考⇒筆記試験⇒面接⇒研修⇒添削開始

個別担任制で算数・国語兼務。


『ドラゼミ 小学生コース』

【応募資格】
短大卒程度

【選考プロセス】
書類選考⇒登録試験⇒新人研修⇒合格⇒添削開始

個別担任制で国語・算数を担当。
採用後も継続的に実技研修・学年研修を受講します。


上記がおおよその添削者の基準になっています。

採用の基準はやはり各運営会社の内部でないと分かりませんが、大体どの教材も同じようにいくつかのステップで厳選した添削者のみが指導に当たっています。そして、採用された後も研修を継続して行うことで質の高い添削を維持し、その教材、その学年、その教科のエキスパートを要請することを各会社で心掛けていると思います。

上記3教材は個別担任制で1年間同じ添削者が指導していきますので、採点だけでなく力の伸びや到達状況・進度も分かり、個別のアドバイスから継続的にやる気を引き出す指導ができます。

添削者の募集は随時行っているわけではなく時期や不足ができた時のみ募集するのが一般的ですので、こういった点でも添削者の質を重要視していることが分かります。

添削を効果的に活用していきましょう!!

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ