通信教育の活用方法を考えてみよう

<通信教育の活用方法を考えてみよう>

人それぞれ家庭の学習環境も違いますし、学力や目標としていることも違います。兄弟姉妹がいるだけで学習への取り組み方も変わりますし、もちろん得意や苦手も違いますので通信教育の活用方法は人それぞれであるべきです。

通信教育にはいくつかのタイプがありますので、活用していく方法を考えて教材を選択することでより良い家庭学習環境を作っていくことができるようになります。

それでは通信教育の活用方法をいくつか考えてみましょう。

1.学校の授業・教科書の理解を目的にした活用

多くの小学生が学校の授業内容に後れることなく確実に理解して実力を積み上げていくことを目的としていると思います。

こういった場合の活用方法は、授業の復習やまとめとしての活用、予習としての活用、授業・宿題と合わせて相乗効果を期待できる通信教育で勉強をしていきましょう。

授業時間だけでは実際に理解が難しいことが多々あります。そこを通信教育で重要ポイントを中心に復習したり、授業とは違う角度からの解説やアドバイスで学力としての定着を促していくことができます。

自分の学校で使っている教科書に合わせた内容で勉強ができる通信教育がおすすめで、学習習慣や学習サイクルをしっかり作ることも考えて意欲的な勉強ができるような活用方法を考えてみましょう。

2.より高いレベルの学習としての活用

例えば、学校の授業や教科書はちゃんとできるからそれ以上のことを勉強したい小学生、教科書の枠にとらわれない幅広い知識を得たい小学生、中学受験を検討している家庭などは通信教育で基礎・土台を築きながらもより高いレベルの学びをしていくことができます。

レベル選択ができる教材、中学受験対応の講座がある教材、教科書にとらわれないオリジナルカリキュラムで運営する教材などを中心に受講していきましょう。

通信教育では、知識だけでなく応用力・活用力・思考力など幅広い力を身につけるカリキュラムが組まれています。この場合、学校の授業を疎かにするのではなく、しっかりと教科書内容の理解もしていく必要がありますので、無理なく基礎→応用へつなげていくような取り組み方を考えていきましょう。

3.他の学習方法との併用

学習塾、家庭教師、各種教材、他の通信教育との併用での活用。

こういった活用の場合は、学習分量や無理のない取り組みができるかが大切になります。

長期休みは別として、学校終業~就寝までの時間はそれほど多いわけではありません。当然食事やお風呂などの日常生活と合わせて学習時間を確保していかなければいけませんので、学習全体をみて活用方法を考えていきましょう。

あれもこれも・・・となることがないように、通信教育に求めている成果を考えて教材を選択していこう。



以上、今回は3つのパターンから通信教育を活用する方法を考えてみました。

もちろん上記以外の活用方法もあると思いますし、何よりもそれぞれに合った活用方法をしていくことが子供の成長になりますので、受講した後のことをしっかりと考えながら通信教育を比較検討してみましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ