通信教育に合わせる?家庭学習に合わせる?

<通信教育に合わせる?家庭学習に合わせる?>

通信教育を受講するときに、「通信教育に合わせた学習をする」のか「自分の学習スタイルに合わせた通信教育」を選ぶのかで大きな違いがあります。

当然選ぶ教材も違い家庭での勉強のやり方も変わってくるでしょう。

結論から言えば、どちらが良いというわけではなく通信教育の位置づけで選び方を変える必要があると思います。

全ての小学生が同程度の学力で同じ勉強の仕方をしているわけではありません。これと同じように通信教育に対する考え方や期待するものも各小学生で違うと思います。家庭学習または勉強全体を考えた時に通信教育をどういった位置づけにするのかを念頭に置いた通信教育選びをしてみましょう。

通信教育に合わせたほうが良い場合

通信教育の学習方法や勉強の進め方に合わせた教材選びをしたほうが良い場合を考えてみましょう。

まず最初に、勉強の仕方が分からなかったり、効率の良い学習方法を見つけたい子供などは、通信教育は宿題などの勉強とは別に考えて取り組んだほうが良いでしょう。通信教育から学習の仕方を学ぶことができますので、通信教育を選ぶときに普段の勉強と切り離して選んでみるのも良いと思います。

次に自学自習の確立や家庭での勉強習慣作りに活用したい場合も通信教育に合わせていくと良いと思います。学習の習慣を身につけたい子供は、基本的に勉強に対する意欲があまりない場合が多いでしょう。そういった学習意欲ややる気を引き出すように工夫された内容で学べるのが通信教育の一つの魅力でもあります。子供の知的好奇心を刺激したり、自力で問題を解くことで「分かる」「できる」といった体験を通して学ぶ楽しさを知ることができます。

このほか、通信教育を宿題・塾と同程度の位置づけで考える場合や、より多くのことを通信教育に求めている子供は、通信教育の勉強の仕方で学習を進めていくことが望ましいと思います。

自分に合わせた通信教育を選ぶ場合

自分の勉強のスタイルややり方に合わせた教材で勉強を進めたいということは、ある程度勉強の習慣だったり学力が定着していると思います。

無理に自分の学習スタイルを崩す必要はありませんので、通信教育に求めるもはより深い知識や多くの演習問題、教科書以上の学習や応用的な勉強などでしょう。

そういった場合、通信教育をメインに考えるというよりは塾や他教材などと上手に併用したり、学習を補う目的で受講する場合が多いと思いますので、目的により合わせた教材選びが大切になりす。

問題数が多い教材が良いのか、応用力重視の教材が良いのかなどポイントを絞った選び方をすることで、自分のスタイルに合わせた学習で通信教育を活用していくことができるようになります。


以前も書きましたが、通信教育を受講する際に通信教育の位置づけは非常に大切なポイントになります。

必ず教材を選ぶときに、どういった活用をしていきたいのか、何を通信教育に求めているのかを考えて比較をしていくことで、より子供が充実した家庭学習をすることができます。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ