教科書準拠を考える

<教科書準拠を考える>

小学生向けの通信教育には学校で実際に使用している教科書に沿った内容の教材があります。これが「教科書準拠」の教材です。

公立小学校の場合、教科書は市町村や都道府県の教育委員会の採択で決められています。もちろん各教科に複数の会社が出版する教科書がありますので、教科書によって掲載順や文章などの違いがあります。

どの教科書も「文科省検定教科書」でなければいけませんので、大きな内容の大差はありませんが、学校の授業進度・同じ内容の学習で勉強ができる「教科書準拠」を採用している通信教育も多くあります。

それぞれの利点を見てみましょう。

「教科書準拠教材」 「教科書準拠でない教材」

・授業の復習や予習にも活用できる

・授業との相乗効果で理解力の向上が
 期待でき、達成感を得やすい

・定期テストや小テスト対策になる

・教科書と同じ内容なので教材への
 親近感がある

・難しいレベルの学習ではなく、
 教科書レベルでの学習ができる

・宿題の延長線上で教材に取り組める

・発展的な学習ができる

・教科書以外の幅広い知識を得ること
 ができる

・学校の授業よりもレベルの高い勉強
 ができる

・中学受験生向けの勉強

・多角的な学習

細かく考えればまだまだたくさんの利点があると思いますが、大きく考えれば上記のような感じではないでしょうか。

教科書準拠の通信教育もそうでない通信教育も、それぞれの利点がありますので一概にどちらの教材が良いという答えはありません。

どちらの教材を選んでいくかは子供の学力や目的、そして何度も書いてきましたが通信教育の位置づけによって変わってきますので、自分の子供にはどちらが良いかを考えてみましょう。

どちらがより子供に沿った学習ができるかを考慮していけば、より良い教材に出会えると思います。

教科書準拠というのは通信教育を選ぶ際にもポイントとなってきますが、他のポイントや重要視する点など、総合的な判断で通信教育を選びましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ