子供の意見は取り入れる!

<子供の意見は取り入れる!>

通信教育を選ぶ際に色々なチェックポイントがあると思いますが、子供の意見をしっかりと取り入れていきましょう。

結局教材に取り組むのは子供なので、自分がやりたい教材・やってみたい教材に取り組むのが大切。その後のやる気や教材の継続性にもかかわってきます。


○やる気の誘因

自分がやってみたい教材を始めることで、自主的な学習を誘因し、イヤイヤ取り組むのではなく楽しみにしながら教材を開始することができます。

誰でもそうですが「やってみたいこと」が実際にできることになれば嬉しくなり楽しみになります。

親主導で決めてしまうよりも「やらされている感」というものも少なく、自分で選んだ教材をやっていると思うのではないでしょうか。

通信教育をはじめとする勉強のきっかけ作りになり、やる気を持って取り組むことができるでしょう。


○継続性への期待

子供に合った教材で続けていけることが通信教育において大切なことであると考えます。

この辺りも子供の意見を取り入れることにより期待できるポイントだと思います。

どの教材もやる気を引き出し学習の習慣を定着させるように工夫して構成されています。

自分がやりたい教材を始め、実際に教材をやってみることで、自然と学習を進められるようになれば継続した学習が期待できるでしょう。


○教材変更時も子供と一緒に選びましょう

実際に教材をやってみて「合わない」「思っていたものと違いすぎる」などがあり教材を変更することになっても子供と一緒に選んでいきましょう。

子供の意見を聞きながらある程度納得した状態で教材を始めることが必要であると思います。




教材選びの際は親の意見も伝えつつ子供の考えも取り入れていけるのが良いと思います。

親の意見だけ、子供の意見だけではなく、両方の考え方だったり「こうなってほしい」という目的や目標も一緒に考えることで、通信教育のスタートは大きく変わってくるのではないでしょうか。

前向きな気持ちで学習を進められるのが理想的だと思います。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ