子供にとって良い通信教育とは?

<子供にとって良い通信教育とは?>

「どの通信教育が子供に合うのだろう?」
それぞれのご家庭での教育方針や目指すものがあると思いますが、子供に合っている通信教育とはやはり「成長できる通信教育」であると思います。

学力の成長を基本として、学習習慣や物事の捉え方、チャレンジ精神や前向きな姿勢など、あらゆる面で子供を成長させてくれる教材が子供に合う教材でしょう。

もちろんあらゆるの面で成長できるような教材があれば良いのですが、必ずしもすべての子供に合うような教材はありません。提供されている教材の数も限りがありますので、その中からより子供を成長させてくれるような通信教育を選ぶのがポイントとなります。

基本的には学力・勉強の習慣という点を中心に考えているご家庭が多いと思います。通信教育を始める目的はほぼそこでしょう。

小学生のうちはある程度「楽しく学ぶ」「学習するのが楽しい」と思えることが大切です。

子供の性格なども考慮する必要がありますし、生活サイクルや家庭での学習環境なども考慮した通信教育選びをしていけば、良い教材に出会えると思います。

また、子供の意見をしっかりと聞くことが大切です。

通信教育に取り組むのは当然子供です。

子供にとって取り組みやすい教材、取り組みにくい教材があります。
取り組みやすい教材であれば子供自ら勉強をし、取り組みにくい教材であれば逆に手を付けるのが苦になってしまうこともあります。

子供がやりたくない教材をやっても効果はありません。自分から「やってみたい!」と思える通信教育に取り組んでこそ自主学習ができます。

親の考え方と子供の意見を話し合いながらより良い教材を探していくことが通信教育選びにおいて重要です。

「自分が選んだ」という気持ちだけでも自主的に学習する入り口になります。

自ら通信教育に取り組むのと、やらされている感じで取り組むのとでは、同じ教材に取り組んだとしても実際に身につく学力は雲泥の差ができてしまうでしょう。

次に、レベルに合わせた教材で学習することも大切です。
あまりにもかけ離れたレベル(簡単すぎる・難しすぎる)の教材だと学習意欲がそがれてしまいます。

実際にはそれほど小学生の通信教育はレベルの差が大きいわけではありませんので、実際には中学受験コースなどの特別なコースでなければ子供が「やりたい!」といった教材を選択すれば良いと思います。ただ資料などで詳細を詰めていく過程で、今の学力とはあまりにも違う場合はしっかりと考えていきましょう。

各教材を比較検討して『子供が成長できる教材』を見つけていきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ