各通信教育の学習分量

<各通信教育の学習分量>

それぞれの教材で1日・1ヶ月の学習量がある程度設定されています。

一応の目安時間・目安分量です。
子供によってそれぞれの取り組み方や学習レベルに違いがありますので、必ずしも教材側が提示する学習分量・学習時間が当てはまるわけではありませんが、通信教育を選ぶ際に参考数値にはなると思います。

通信教育は他の学習との兼ね合いなどでどういった取り組み方をしてもOK!。全体の学習量を考えて個々の取り組み方を実践していきましょう。

各通信教育の学習量・学習時間の目安

それでは各通信教育の1回の学習時間と1ヶ月の学習分量をみてみましょう。

通信教育 1回の学習時間 1ヶ月の学習量
Z会 ・1年生→10~15分
・2年生→20~25分
・3・4年生→30分~
・5・6年生→40分~
約15回~20回分
進研ゼミ ・1年生~3年生→15分
・4年生~6年生→20分
約15回~20回分
ドラゼミ ・1年生→10分
・2年生→20分
・3年生→30分
・4年生→40分
・5年生→50分
・6年生→60分
約20回分
小学ポピー ・1年生~4年生→10~15分
・5年生・6年生→15~20分
月や使用教科書により異なる
Gambaエース ・全学年→約20分 プリント約35枚
スマイルゼミ ・全学年→10分~20分 約20回分
ブンブンどりむ ・全学年→約10分 24~32ページ程度

※『Z会』は小学生コースの場合

上記はあくまで目安ではありますが、通信教育を選ぶときには学校の宿題や学習塾などとの兼ね合いを考えておきたいので是非参考にしてください。

実際に受講を始めてみると、教材の感じや勉強のやり方が分かってきますのである程度上記の時間で学習を進めることができると思います。

また、上記の目安時間よりも時間がかかってしまうからといってダメというわけではなく、学んだ単元をしっかりと自分のペースで理解していくことを優先に考えていきましょう。時間が掛かるということは自分にとって重要な単元だということです。

学習時間・学習分量は教材側が提示する目安です。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ