中学生からの通信教育を考える

<中学生からの通信教育を考える>

小学6年生はあと半年程で中学へ進学をします。

現在通信教育を受講している6年生は、中学へ進学したときに通信教育を再度検討することをおすすめします。

今利用している教材が合っており、子供も好きで続けている教材でも一度考えてみると良いでしょう。もちろん、受講中の通信教育を軸に考えていけば良いと思います。

小学校と週学校では学校生活が大きく変わってきます。
部活動や学校行事などの活動はもちろんですが、勉強においてもより自主的な学習が求められます。

学校生活・生活リズムが変わります

小学校ではある程度時間があり家庭学習に充てることができる十分な時間が合った子供も、中学校へ進学すると部活動や学校活動など、通学時間が長くなる子供もいるでしょう。

先輩や友達などの人間関係も変わり、就寝時間も小学校時より遅くなり、土日にも予定が入ったり、大きく生活リズムも変わってきます。「中1ギャップ」という言葉もあり、学校生活面・学習面・人間関係など小学校と中学校ではとても変化が大きいのです。

現在受講している教材がある子供は教材の進め方や雰囲気を把握していると思いますが、中学生向けの教材になるとまた違ったカリキュラムになりますので頭に入れておきましょう。

中学入学から通信教育を検討中の方は余裕を持って教材を選んでいきましょう。

勉強面は自主性が求められ結果が明確

授業スピード・授業のやり方が変わりより自主的な学習が求められます。

なかなか理解できないポイントや授業の確認などを家庭学習などで補いながら進めていくことも求められますので、学校の授業に後れを取らないためにも家庭学習の習慣が非常に大切になります。

授業も先生から「分かるでしょうか?」というより生徒側から「ここが分かりません!」というようなスタンスになりますので、自主性が必要になってきます。

また、中間・期末テストなどではっきりと自分の実力が分かります。
子供によっては学習意欲が上がる子・下がる子それぞれだと思います。この辺りは自分自身の目標を持ち取り組んでいくことが大切になってくるでしょう。

通信教育で家庭学習の習慣や重点ポイントの確認、苦手克服などの日々の学習と、テスト対策教材で中観テスト・期末テスト対策などが行えます。継続して利用していくことができる教材を選んでいきましょう。


中学校の授業や学校生活を実際に過ごしてみて通信教育が合わなかったり教材に取り組む時間が合わない場合は教材の変更も考えてください。

充実した中学校生活を送るためにも、学習面の環境を整えておきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ