やる気を引き出す工夫

<やる気を引き出す工夫>

やる気を出して勉強に取り組めば前向きな学習ができ学習したことの吸収力も上がると思います。

この「やる気」は、特に興味がある分野や楽しいと思えるようなことに対して反応したり、何か目標に向かって進んでいくことで引き出すことができます。

例えば「叱らない」「勉強をやれと言わない」といったことはよく聞きますが、実際子供が勉強をしない姿を見るとついつい言ってしまいがちです。

「やる気」という部分に力を入れて引き出す工夫をしているのが通信教育の大きな特徴でもあります。

教材ごとにそのコンセプトは様々ですが、小学生がいかに教材に対してやる気を出して取り組むことができるか、どのような方法で子供の自主・自発学習を促すかなど、学習意欲を高めていくことへの工夫がなされています。

いくつか小学生のやる気を引き出す工夫を見てみましょう。


添削で子供のやる気を応援!

添削課題がある教材は、問題の正否や解答例・類似問題はもちろん、イラストや子供と担任の先生とのコミュニケーションを大切にしている教材が多く、子供に寄り添ったアドバイスや言葉で子供のやる気を後押しするような仕組みになっています。


「分かる」「できる」楽しさ!

「できた!」「勉強が分かる」という体験はそのまま学ぶ楽しさへつながっていきます。
通信教育ではこういった点を重要視している教材が多く、継続した学習へとつなげていくことを大切にしています。


キャラクターが応援!

小学生の通信教育ではキャラクターを採用している教材がいくつかあります。キャラクターだけでもやる気を引き出す子供もいるでしょうし、キャラクターが子供と一緒に、または先生になったりしながら一緒に学び応援してくれることで、愛着が湧き教材に取り組みやすくなります。


副教材や努力賞

知的好奇心を引き出す副教材や、子供の頑張りを具現化する努力賞。
体験型の教材は子供の興味も広がり、実際に自分でやってみることで多角的な学習ができます。努力賞は自分の目標を定め学習意欲へと直結することができるシステムでしょう。


デジタル教材

タブレット型の通信教育はそれだけでやる気を引き出すアイテムになります。



通信教育はやる気を引き出す非常に有効な教材だと思います。
ただ、子供のやる気の継続には親の関わり方も大切な要素です。
通信教育を利用することである程度やる気を引き出すことはできますが、それを継続させていけるようにご家庭で学習環境を考えてみると良いと思います。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ