『Z会』の一歩先をいく学び

<『Z会』の一歩先をいく学び>

ニュースやネットなどで2020年度から新学習指導要領への移行が話題になっていますが、2020年度からの全面実施に伴って2018年度から一部先行して実施していく学校や自治体も多いと思います。

ポイントだけ説明をすれば、より「学びの質」を重視して、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「学ぶ姿勢や学びに向かう力」を育成していく学習。

単なる知識や技能の定着を進めていくだけではなく、それらをどのように活用していくかが求められる学びへとなります。

小学生の年代で大きな変革といえば、英語の5年生からの教科化、3年生からの外国語活動のスタート、プログラミング学習の導入などが挙げられますが、授業時間も全体的に増えることとなるのでしっかりと家庭での学びもこれからは大切になると思います。

一貫した方針の『Z会』で学ぼう

実は今回の学習指導要領改訂で求められている力は、『Z会小学生コース』の教育方針そのもの。

『Z会』では運営開始以来「考える力」や本質的な理解による「本物の学力」育成を柱とした教材。

答えが合っていればOKという指導ではなく、過程や考え方を大切にした指導を進めているからこそ、多くの小学生とその親の支持が高いのだと思います。

Z会小学生コース


知識の組み合わせで課題を解決する力

複数の知識を組み合わせて活用することで問題・課題を解決していく力を育成。

どの知識を利用してどのように考えていけばいいのかを表現して、自分で考えて知識を活用していく問題で力を伸ばしていくことができます。

もちろん基礎学力の定着が必要不可欠ですので、要点を押さえた基礎学習を進めながら発展的な問題へとチャレンジをしていく学習動線になっています。


知識の活用力を伸ばす

今まで学んだことや身につけた知識をどのように生かしていくのか、試行錯誤をしながら自ら考えて活用していくことで本物の力を定着。

示された情報と自らの知識を組み合わせたり、知識や解法などの技能を活用する力を養うことで、思考力や判断力も同時に育成していくことができると思います。

新学習指導要領でもキーポイントとなる部分で、将来につながる思考力・表現力・問題経穴力などを育成していきます。

自ら課題を見つけて解決策を考える力


『Z会』では主体的な学びを進めていくことができます。

自ら課題を発見して解決策を考える学習動線、過程を重視した指導方針により主体的に学びに向かう姿勢をつくりながら勉強ができる。

初めて出会う課題や問題でも臨機応変に対応してチャレンジする力を伸ばしていくことができるでしょう。

確かな学力は確かな学習から!

学習指導要領改訂に向けて学校ではこれから授業形態や進め方などが徐々に変更されていきます。

「何を、どのように学ぶか」も具体化されたことで、現在よりもしっかりと目的を持った学びがでるようになると思います。

”学びの土台は家庭から”という言葉があるように、これからは家庭での取り組みもより重要度を増すのではないでしょうか。

『Z会小学生コース』確かな学びを家庭から進めて、これからの教育に備えた取り組みをはじめてみましょう。

Z会 小学生コース

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ