『進研ゼミ小学講座』2018年度の英語学習

<『進研ゼミ小学講座』2018年度の英語学習>

『進研ゼミ小学講座』は通信教育の中心的な教材といえると思います。

シェア率も高く2018年度もさらに教材内容を充実させた教材で勉強をすることができます。

「ハイブリッドスタイル」が廃止され、テキスト教材の「オリジナルスタイル」と専用タブレット教材メインの「チャレンジタッチ」の2つの教材スタイルになり、それぞれの教材メリットを上手に活用しながら楽しい勉強をすることができます。

なかでも「英語」の拡充が大きな変更点。
2020年度の新学習指導要領が変わることを踏まえた先行的な学びをすることができるようになっています。

2018年度の「英語」について

『進研ゼミ小学講座』2018年度の英語学習

今後の英語教育の方向性としては、いわゆる「英語4技能」をバランスよく身につけていくことが求められます。

「英語4技能」とは、
聞く(listening)・話す(speaking)・読む(reading)・書く(writing)

『進研ゼミ小学講座』では、この4技能を学年に応じた段階的な学びで基礎から身につけていく取り組みができます。


1年生から全学年で英語学習

2020年度からは3年生からの外国語活動、5・6年生では英語が成績の付く教科として新しく小学校のカリキュラムがスタートします。

2018年度に先行的に実施される自治体や学校もあると思いますが、『進研ゼミ小学講座』では全学年で段階的に英語の力を伸ばすためのカリキュラムが組まれています。

まずは楽しく英語に触れながら必要知識や表現をバランスよく伸ばしていくことができると思います。


「聞く」からはじめる英語学習

『進研ゼミ』の英語学習は4技能のなかでも「聞く」学習を重視した内容になっています。

たっぷり英語を「聞く」ことを土台として4技能を育成していくことができるので、小学1年生でも6年生でも無理なく英語学習をすることができます。

英語に耳から慣れたり真似をして発音をすることが自然な英語学習を促し、英語の土台をしっかり作っていくことができるでしょう。


楽しい英語学習

タブレットで動きのある学びやネイティブの発音を聞いて楽しい英語学習を進めたり、電子教具でゲーミフィケーション要素を組み込んだ楽しい学びを実践していくことができます。

特に低学年では勉強という概念よりも英語に自然に触れて興味を持つことのほうが大切だと思いますので、『進研ゼミ』の楽しい学びを通して英語に自然に楽しく触れていきましょう。

遊びの要素が強いのではと心配がある方もいるかもしれませんが、英語は苦手が出やすい教科ですのでまずは英語を好きになるようにしていこう。


『進研ゼミ小学講座』2018年度の英語学習の特長


たっぷりと耳から英語力を伸ばして育『進研ゼミ小学講座』で、小学校からの英語学習をはじめてみましょう。

進研ゼミ小学講座

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ