『進研ゼミ』2021年度新1年生講座の7つの特長

<『進研ゼミ』2021年度新1年生講座の7つの特長>

進研ゼミ小学講座

『進研ゼミ小学講座』は、多くの小学生に人気の通信教育。

幼児期の『こどもちゃれんじ』から継続して小学校入学後も受講をしている人もいると思いますし、義務教育がスタートする新1年生にも学びやすいおすすめの通信教育。

これからの学びの土台をつくりながら、ワクワク楽しい学習・勉強をはじめてみましょう。

2021年度新1年生講座の特長やおすすめポイントなどを確認してみましょう。

新1年生講座の7つの特長やおすすめポイントなど

『進研ゼミ』2021年度新1年生講座


2021年度『進研ゼミ小学講座』の特長やおすすめしたいポイントなどを紹介したいと思います。

専用端末で勉強をする「チャレンジタッチ」、テキスト+体験教材を軸に学ぶ「チャレンジ」の2つの教材タイプから選択して受講をすることができます。


・ワクワク学びの土台をつくっていくことができる
教材全体的に「学ぶ楽しさ」「できる喜び」などを感じながら学び進めていくことができます。これからの学びの土台をつくっていきたい1年生だからこそ、学ぶ楽しさを実感しながら自ら進んで学びに向かう姿勢をつくっていきましょう。目の前の学力育成・定着だけでなく、将来を見据えながらこれから始まる教育の基礎を楽しく培っていこう。


・教科書対応でわかりやすい
学校で使っている教科書に合わせた内容になっているので、学校の授業と組み合わせた学びで着実に基礎からステップアップができます。学校の先生が言っていたことと「進研ゼミ」で同じように重点ポイントを解説していたり、類題や基礎問題でアウトプットしていくことで学校授業・教科書で学んだことをしっかりと定着していくことができるでしょう。


・一人ひとりに合わせた学び
目標や理解に合わせて個別カリキュラムで学べる「AI個別学習プラン」、一人ひとりの理解や考え方などに合わせて個別指導が受けられる「赤ペン先生の添削問題」など、より個別の実力・目標などに合わせた学習をすることができるシステムになっています。レベルや量を実力に合わせて増やしていくこともできますし、オーダーメイド型の学習を進めていくことができます。


・一人でも学ぶ習慣をつくっていく
楽しく学びながらも一人でしっかりと理解をしながら学び進めていくことができる内容。タブレットを活用する「チャレンジ」では自動読み上げ機能や自動丸つけだけでなく、ゲーミフィケーション要素満載のアプリでゲーム形式で繰り返し学習ができたり、間違えた問題はしっかりと振り返って着実に学力を積み上げたり、無理なく学ぶを進めていくことができるでしょう。学ぶ意欲を引き出しながら安定した学びの習慣作りを進めていくことができるでしょう。


・英語学習も充実
習熟度別に力を伸ばせる英語学習で、英語4技能「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく伸ばしていくことができる。1年生でも英語の楽しく触れながらこれからの英語学習の土台を自然に身につけていくことができるでしょう。レべルに合わせた英語トレーニングで無理なく英語を定着させていくことができると思います。


・プログラミング的思考の育成
プログラミングや科学的思考力も身につけていくことができます。実験や観察をしていく体験型の課題や教具で科学的思考力を培ったり、疑問を引き出しながら実際に実験・観察をして結論を見出していくステップ。プログラミング学習も試行錯誤しながら楽しく取り組んでいくことができる内容になっています。


・サポートなども充実
学習状況・進捗具合などをしっかりと保護者にフィードバックしていますし、各種情報も充実。電子書籍で図鑑・名作・伝記などをたくさん読んで知識や教養を広げていくこともできますし、努力賞システムなどもあります。総合的に新1年生の学びをサポート・バックアップする学習システムです。


全体的に楽しみながらワクワクする学びができる通信教育。

はじめての学びにスムーズに前向きに取り組みながら、これからの学びの土台をつくっていきたい新1年生に特におすすめしたい教材です。

進研ゼミ小学講座

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ