『小学ポピー』の「ワーク」と「答えとてびき」

<『小学ポピー』の「ワーク」と「答えとてびき」>

自宅での学習環境や自立学習を大切にして制作されている『小学ポピー』。

メイン教材の「ワーク」と問題の正答と詳しい解説などが書き込まれた「答えとてびき」が毎月の基本教材となります。

「ワーク」と「答えとてびき」は教材の核となる部分。学年に応じた学習法で学力はもちろん学習習慣の定着、計画的・能率的に楽しく学んでいくことができるように設計。

提出課題はありませんので、学校の授業ペースなどに沿って勉強がしやすい教材でもあり、家庭でそれぞれの学び方ができるのも魅力のひとつです。

教科書に沿った学習ができる「ワーク」

『小学ポピー』の「ワーク」は各学校で使用している教科書に合わせて制作されています。

実際に学校で使っている教科書に合わせているので、学習順序や題材・テーマなど学校の授業で学習したことを復習したり、理解度の確認しながら学力の定着に向けて進んでいくことができる教材。

「ワーク」では最初に教科書のまとめで単元の重要ポイントや理解しておくべきことがまとめられているので、問題にチャレンジする前に内容を整理することができます。どんなことをこれから学習するのか、何が重要事項なのかを理解したうえで問題を解くことで、自ら知識を活用して考える力を育成していくカリキュラム。ページ中にもイラストやマークでポイントとなることが掲載。

「教科書の○○ページ~○○ページ」というように単元ごとに取り扱うページが掲載してあるので学習範囲を一目で理解でき、適度な問題量、適度なレベルの教材なので無理なく毎日の勉強を続けていくことができます。

ニガテが出やすい算数は学習量を多めに設定。
ページ数を割いて類似問題や確認問題などでしっかりと理解を定着させていきます。

ページを開いた時にやる気を失うことなく取り組めるような工夫がされているので、意欲を持って取り組んでいきましょう。

学年に応じた丁寧な解説「答えとてびき」

『小学ポピー』では、1・2年生は「親子共同学習」、3・4年生は「進んで学習」、5・6年生は「自発学習」というように教材を利用しての学習法の目安を設けています。

その為、「答えとてびき」でも上記を踏まえた解説で構成。

1・2年生では、問題の正答や解説のほかに子供目線でのワンポイントやほめどころなどの親向けのアドバイスが随所に記載されています。

3・4年生では、親へのアドバイスの代わりに学習の進め方のポイントなど子供が進んで勉強することを念頭にした解説など。

5・6年生になると子供が一人でも理解できるように詳しい解説や類似問題などが記載されています。

どの学年でも不必要な解説やアドバイスは避け、必要なことにポイントを絞って記載されているので理解を促しやすくなっています。間違えた問題でも考え方や解く過程を確認して再度チャレンジしていけば理解度が深まります。

自分の解答が正解でも間違っていても、しっかりと復習をしながら確認をするクセを付けると教材を効果的に活用していくことができます。

幅広いその他の教材

毎月の「ワーク」「テスト」「こころの文庫」「情報誌」などのほかに時期に応じて各種副教材があります。

英語に関する教材、算数思考力問題教材、作文で表現力を養う教材、漢字ドリル、言葉の力を身につける教材、夏休み向けの教材など非常に幅広い副教材や特別教材があります。

毎月のメイン教材の学習分量が多いわけではないので、しっかりと副教材に取り組む時間も確保できると思います。

月々の受講費もそれほど高いわけではないので、受講費と教材の関係を考えても非常に受講しやすい教材です。

小学ポピー

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ