『スマイルゼミ』×『チャレンジタッチ(進研ゼミ+)』の比較

<『スマイルゼミ』×『チャレンジタッチ(進研ゼミ)』の比較>

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較

学習をタブレットで進めていく通信教育、『スマイルタブレット3(スマイルゼミ)』と『チャレンジタッチ(進研ゼミ)』の比較をしてみます。

タブレット本体の仕様、教材内容、勉強の進め方や使い心地などをトータル的に比較してみたいと思います。

タブレットで勉強を考えているご家庭は参考にしていただければと思います。

タブレット基本仕様について

<タブレット基本仕様>

スマイルタブレット3
(スマイルゼミ)
チャレンジタッチ
(進研ゼミ)
本体サイズ 縦180×横270×奥行10.2(mm) 縦191×横252×奥行16(mm)
ディスプレイ 10.1型TFT 9.7インチ
重量 約550g 約750g
メモリ 16GB 16GB
タッチパネル 静電容量式 抵抗膜式
通信機能(Wi-Fi) IEEE 802.11b/g/n IEEE 802.11b/g/n
カメラ 200万画素(表面)
500万画素(背面)
200万画素(背面)
本体付属品 専用カバー
ACアダプター
デジタイザーペン
専用カバー
専用AC電源アダプター
専用タッチペン
本体価格 9,980円
(12ヶ月以上継続の場合)
無料
(6ヶ月以上継続の場合)
故障保証サポート 1,800円/年 1,836円/年

基本情報

簡単に2つの教材の紹介。

『スマイルタブレット3(スマイルゼミ)』
専用タブレットのみで勉強をする通信教育。
英語以外は教科書準拠になっています。電源を入れればその日に勉強するべき講座が表示され、各教科をバランスよく学習することができる。基本の「標準クラス」以外にも応用問題や中学入試過去問な度も一緒に学べる「発展クラス」がある。


『チャレンジタッチ(進研ゼミ)』
専用タブレット+年数回のテキスト教材で勉強をする通信教育。
英語(一部国語)以外は教科書準拠になっています。進研ゼミの学習要素を詰め込んだ専用タブレット学習。勉強が楽しく進めていけるような設計と年数回のテキスト教材。


基本的な仕様や教材内容について紹介しました。次のページで実際に教材を受講してみた使用感などを比較していきたいと思います。

→→→「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」を受講してみての比較

スマイルゼミ

進研ゼミ 小学講座

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ