『すらら』で多角的な学び

<『すらら』で多角的な学び>

オンライン学習システム『すらら』
無学年式で自分の実力や理解度に合わせて学んでいくことができるシステムで、体系学習や多角的な学習アプローチで確かな学びを家庭で実践していくことができるでしょう!

色々な感覚を使って学ぶことができる学習システムなので、飽きずに多角的に単元学習を進めて理解を深めていくことができるでしょう。「見る、聞く、書く、読む、話す」の学び。

スモールステップではじめて学ぶ単元でもちゃんと理解ができるように色々な感覚を使った学習スタイルで、ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

「見る、聞く、書く、読む、話す」の多角的なアプローチ

『すらら』「見る、聞く、書く、読む、話す」


「見る、聞く、書く、読む、話す」という多様な学習アプローチで楽しく学ぶことができるのが『すらら』の大きな特長のひとつです。

無理のないステップで楽しく学ぶことができるからこそ理解を深めていくことができますし、継続した学びへの意欲を引き出していくこともできるでしょう。


・「見る」学習

アニメーションを活用して「見る」学習。

動きのある学びを通して視覚的・体感的に学習をすることができますし、具体的にかみ砕いた授業内容なので理解がしっかりと深めていくことができるでしょう。

「見る」ことでイメージをしやすくなりますし、動く授業で抽象的な単元や難度か高い単元でも視覚的に学び進めていくことができる。


・「聞く」学習

『すらら』の授業では声優さんによる聞き取りやすい音声の授業内容。

優しく分かりやすく丁寧な解説をしてくれますし、英語学習においてはネイティブの発音でリスニング力もしっかりと高めていくことができるでしょう。

また、レクチャー機能で質問を投げかけてくれたり対話型の授業形式になっているので、大切な事を確かめながら学び進めていくことができる。


・「書く」学習

記述式の演習ドリルで書く学習にもしっかりと対応。

更に印刷して学習をする「まとめプリント」を活用したり、自分でノートに書き込みながら勉強をすることでより深い学びをすることができると思います。

書く学習は必要不可欠な要素となりますので、『すらら』を活用しながら自分なりの書く学習を実践していきましょう。


・「読む」学習

自分でしっかりと呼んで理解をするからこそ定着度が上がります。

1問解答するたびに分かりやすい解説がついているので、間違えた問題だけでなく曖昧な理解の問題やなんとなく溶けた問題なども解説を読み込むことで理解を深めていくことができる。

分からない箇所は繰り返し読み込んで理解を深めていこう。


・「話す」学習

対話型の授業内容になっているので、インタラクティブに学習を実践。

一方的な授業・解説ではなく、適時質問を投げかけたりしながら双方向的な学びができるのが大きな特長。

根本的・概念的な深い理解が得られる学習コンテンツ内容だと思います。


難しい単元でも多様な学習アプローチで学ぶことができるからこそ根本的な理解を深めていくことができます。

デジタル学習だからこそのメリットを活かし、小学生が学びやすい学習システムになっているので、まずは受講を検討してみることをおすすめします。

すらら

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ