3学期だから取り組んでいきたいこと

<3学期だから取り組んでいきたいこと>

年が明けて冬休みが終わると3学期。1学期・2学期に比べると登校日数も少ないですし、卒業式をはじめとして様々な行事が多い学期になるのであっという間に過ぎていってしまいます。

寒い時期ですし体調も崩しやすくなりますので、生活習慣もキチンと整えて充実した3学期にしていきましょう。

1年の締めくくりの学期でもありますし、春になれば進級をすることになるので大きく成長をしていきたい学期です。

そこで、3学期にやっておきたいこと、取り組んでおきたいことなどを考えてみたいと思います。

3学期にやっておきたい5つのこと

小学生

3学期に小学生がやっておきたいことを考えてみましょう。

生活面もそうですが特に勉強面や学習面において考えていきたいと思いますので、3学期だけでなく次年度のスタートも考えて取り組んでみましょう。


・確かな授業理解を軸とする学び
まず大切な事は授業で勉強したことや教科書の取り組み内容の確実な理解と定着です。特に3学期は重要な単元も多いですし進級後にそのままつながる分野も多く含まれてきます。授業で勉強したことを一つ一つを丁寧に取り組んで理解をしていくことは、次年度以降の基礎となりますし学びの基本となりますのでその習慣を身につけておく意味でも重要なことです。さらに難しくなる次年度の学びの備えて、授業理解を軸とする学びの習慣を身につけていきましょう!

・学習習慣の確立
どの学年においても学習習慣をつくることは大きな課題。集中力も学年差や個人差があると思いますので、それぞれに応じた取り組みができるようにしていきましょう。特に学習習慣の定着には継続性が求められますので、無理なく取り組める時間からはじめて徐々に自分のペースで学ぶことができるようにしていきたいですね。毎日継続していくことが安定した学びの環境をつくっていきますし、学力の伸びだけでなく意欲にも大きく影響をすると思います。

・1年を振り返って学ぶ環境をつくる
今年1年や居間の環境などを振り返って、次年度を見据えた学びの環境づくりを進めていきましょう。今までの自宅学習での反省点やよかったところなどを振り返ってより良い環境づくり。良い習慣は継続し、反省点は改善をしていきましょう。例えば机の上が散らかっていればしっかりと整理整頓、通信教育を受講したり改めの教材を評価して変更をすることもいいと思います。次年度に向けた確かな学びの環境をつくっていこう。

・総復習やまとめ学習
今年学んだことをしっかりと総復習しておくことで基礎力を確実なものにして、つまづきや弱点を解消しておきましょう。進級をすると新しい学年の勉強で復習をする機会が少なくなるので、3学期のうちに今までの範囲を自分の力として定着させておくことはとても重要な意味をもちます。もちろん新しい学年では今までの勉強はできているものとしてその上に新しい単元が積み重なっていきますし、基礎がグラついていることでこれからの単元理解が難しかったり苦手意識も出てしまうことがあります。春までの時間を使って自分のペースで総復習や総まとめを実践していこう。

・進級に向けて総合的な準備
3学期になると次年度のことを考えたり進級・進学への意識が高まっていきます。6年生は中学校へ進学をするので、残りの小学校生活を楽しみながらもしっかりと中学入学準備をしていきたいですね。5年生以下も勉強面・生活面などをはじめ次年度への準備を進めておこう。目標をつくってもいいですし自信をもって進級を迎えられるようにやり残しをなくしたり気持ちも新たにスタートができるようにしていこう。


普段の生活や勉強に+αの考え方を取り入れるだけでも環境が大きく変わるきっかけになります。

気持ちやモチベーションも上がっていきますし前向きに自ら学ぶことができる姿勢をつくっていくことにもなりますので、3学期を利用した自宅での学びを親子で一緒に考えてみよう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ