2016年タブレット所有率

<2016年タブレット所有率>

小学生向けのタブレット通信教育は『スマイルゼミ』。タブレットを活用しながら学習を進めていくことができる通信教育は『進研ゼミ』『Z会』などの教材。通信教育以外では『スタディサプリ』などがタブレットを利用した学習スタイルです。

PC端末、スマホやタブレット端末が一般的になり、教育業界も各種端末を利用した学習スタイルが確立されています。

中学生以降では多くの教材がPC・タブレットなどを活用した学びを提供しており、学校などの教育現場でも随時ICT教育へと進んでいる現状があります。

今後はさらにこの流れが加速すると思いますが、テキスト学習やテキスト教材は必要不可欠なものですし、そういった学びの需要も一定数維持されていくでしょう。

家庭でどのような勉強をするのかを総合的に考えて、タブレットなどを利用したデジタル学習かテキスト学習かを選択していく必要がありますし、子供が成長できる学びの環境をつくっていくことが求められていくことでしょう。

タブレット端末が各家庭に普及し始めていますが、実際にはどの程度の所有率なのか2016年度の調査結果を紹介してみたいと思います。

タブレット所有率は32.4%

2016年3月末に実施された所有率調査をみてみましょう。

タブレット所有率
(出典:MMD研究所)

上記の図をみていただくと分かると思いますが所有率は32.4%

今回の調査は20歳以上の人を対象にした調査ですので子供のいる家庭を対象にしているわけではありませんが、意外に少ないと感じるのか、それとも多くの人が所有していると感じるかは人それぞれだと思います。

例えば『スマイルゼミ』であれば専用タブレットで学習するので自宅にタブレット端末がなくても受講をはじめることができますが、『進研ゼミ』『Z会』やその他の教材の場合は基本的にiPadなどのタブレット端末を購入して利用しなければいけません。

受講コストにタブレット端末購入コストもかかりますので、しっかりとコスト面を考えて受講する教材を選択していくようにしましょう。

端末の種類は圧倒的にiPad

タブレット所有率
(出典:MMD研究所)

タブレット所有者の端末別の所有率は上記の通りiPadが約半数。

小学生向け通信教育では『進研ゼミ』『Z会』がiPadを利用した学習プランを提供しているのも上記のようなシェアも影響していると思います。

タブレット端末を利用した学びは多角的な取り組みとスピーディな学習ができるメリットがあり、学校の授業では理解が難しいような抽象的な問題も視覚的・直感的な理解ができるのが特徴。学習のデータや履歴を解析・分析することで個々に応じた苦手・得意の判別、そこから導き出す学習動線、各教科をバランスよく学力の底上げができます。

意外と苦手意識があるだけで理解している教科、好きだけど実は理解が不足している教科もデータから導き出すことができるので、自分の感覚と違う部分にもアプローチすることができます。

以上タブレット端末に関する調査結果でした。

最後に、タブレット学習を家庭で導入しようと考えている家庭では、利用時間や書くことの減少やVDT症候群などのタブレット端末の注意点なども頭に入れておくようにしましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ