通信教育・学習教材・学習塾・家庭教師の選び方や特長

<通信教育・学習教材・学習塾・家庭教師の選び方や特長>

小学生の学校外学習。
家庭で取り組める学習法もあれば、学習塾のように自宅外で学ぶ場もあります。

学校の授業だけではなく、家庭や学校外での学びがこれからの学びを支えていく基礎学力を作り上げることになります。通信教育・学習教材・学習塾・家庭教師の大きな4つの学習法のなかで、何を基準に選択していけばいいか迷ってしまうこともあると思うので、4つの学習法の特長について紹介してみたいと思います。

自分が学びやすい学習法、目標や学力に合わせた取り組みができるように、じっくりとどの学習法があっているのかを考えてみましょう。

それぞれの学習法の特長について

小学生

小学生の学校外学習法の「通信教育」「学習教材」「学習塾」「家庭教師」の4つの特長やメリットなどを確認して、自分に合わせた学びができるように比較をしてみましょう。


「通信教育」

毎月新しい月の講座が配信されたり自宅に教材が届くシステムの学習スタイル。基本的には学校授業や教科書に合わせて学ぶことができるものが多く、タブレット端末を活用した教材やテキストにこだわって書く学習を軸に進めていく教材など多様です。自分のペースで学校授業と組み合わせた学びをすることができるので効果的。添削課題や提出課題がある教材では人の手により丁寧な個別指導もあります。授業・教科書内容の理解を檀家的に実践していくことができ、学習習慣も身につけやすいタイプでしょう。


「学習教材」

受講をすることで全ての単元を学ぶことができるタイプの教材。教材ごとに対象範囲は異なり、例えば「スタディサプリ」では小学4年生~大学受験生までのすべての学年・単元・講座を自由に学ぶことができます。メリットとしては自分なりの学習計画・ペースで学ぶことができるところ。授業で真名なんだ単元から勉強することもできますし、苦手教科の集中対策、教材によっては学年の枠を超えた学びを実践していくことも可能です。


「学習塾」

塾により指導法が異なりますが、決められた学習時間を確保できるのは大きなメリットだと思います。個別指導塾ではマンツーマンで指導を受けることもできますし、必要教科の実塾で学力育成をすることもできるので、目的に応じた学び方ができるでしょう。塾により指導方針が違うからこそ、目的をしっかりと定めた塾選びをするようにしてください。


「家庭教師」

自宅でマンツーマンの指導を受けることができる学習法。より個別の学力や目的に応じた指導を受けることができます。先生との相性や指導力により差が出てしまうことがあるのは注意しておきたいポイント。さらにインターネットを通して個別指導を受けられるオンライン家庭教師などもあるので、都市圏でなくても家庭教師を選択することは可能です。


上記簡単に各学習法の特長などを紹介しました。

どの学習法であっても、子供がにとって良い学びができれば正しい学習法です。各人の学校、生活リズム、学習環境、学力や目的などを考慮して最善の学びができる学習法を選択していきましょう!

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ