語彙力をつけていこう!

<語彙力をつけていこう!>

まず最初に語彙力とはどういったものでしょうか。

語彙とは

なんだか難しいですが、『語彙=ボキャブラリー』と考えると良いのではないでしょうか。

「ボキャブラリーが豊富だ」というと良いイメージがあると思いますが、この『語彙=ボキャブラリー』表現力や文章力、コミュニケーション能力にも影響する非常に大切なカギでもあります。

ではどうしたら語彙力をつけていくことができるのかを考えてみましょう。


◆ 読書をしよう!

とにかく本を読むことは大切。
日常でてくる言葉以外にも活字ならではの表現方法・比喩、人物・場面ごとの言い回しや表現など、様々な言葉が飛び込んできます。

同じ意味の言葉であっても、登場人物により言い方が違ったり物語の場面によって使い分けたり、読書をすることで語彙は自然と増えていくでしょう。

日常的にテレビなどから色々な言葉が入ってくると思いますが、やはり読書にはかなわないのではないでしょうか。


◆ 新聞を読もう!

新聞は語彙の宝庫!
もちろん小学生には難しい言葉が並んでいますので親と一緒に読んでも良いと思います。

コラムやスポーツ欄・テレビ欄などの読みやすいものからチャレンジしてみましょう。そのうち時事問題にも興味を持ちはじめ、地域から世界まで、今起こっている問題や出来事を学びながら語彙力を上げていけると思います。


◆ 辞書を引く習慣を付けよう!

分からない言葉を自分で調べる習慣をつけていきましょう。

辞書は単に言葉の意味を調べるだけでなく、多義語・対義語・類義語など、一つの言葉から広がっていく世界があります。

知らない言葉だけでなく、知っている言葉を辞書で引くこともおすすめ。
言葉の意味をどのように表現しているのか、知らない意味や同じような表現方法などを探求していくことができるでしょう。


表現力・文章力・コミュニケーション能力だけでなく、『語彙=ボキャブラリー』を増やしていけば、行く末は子供の視野を広げていくもの、考え方の幅が広がり豊かな感情へと繋がることであると思います。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ