親が先生になる!

<親が先生になる!>

通信教育の取り組み方として、小学生のうちは親が先生になって教材を進めていく方法があります。

通信教材によっては教材のコンセプトそのものが「保護者がいちばんの先生(小学ポピー)」というような教材もあり、家庭における一番の先生は教材ではなく親であるとも思います。


★親と子供の関係を大切にしていきましょう

分からないところ・理解できないところを教えたり、問題の丸つけなどやり方はいろいろあると思いますが、学校の先生のように「先生と生徒」のように教えるのではなく、親と子という立場を生かして教えていくことが望ましいでしょう。

また、「分からない」「教えて!」など、子供からアクションがあった時に面倒くさがらず子供に対して接することが必要になります。

「こんなのも分からないの?」「どうしてできないの!」と思っても決して口に出さないように、子供に寄り添った教え方をすることで、より子供は前向きな学習ができるようになり、気軽に親に質問したり相談したりする関係性も築いていけると思います。

これは通信教育に限らず学校の宿題等でも同じだと思います。

小学生のうちは家庭学習を親が先生になることで子供の自主学習へとつなげていきましょう。


★勉強だけじゃない!なんでも親から学びます!

毎日の生活、言動、行動のすべてが子供にとってお手本となり、子供は親から様々なものを学んでいきます。

日々の行動はもちろん、物事に対する姿勢、人に対する接し方などをみて子供は成長していきます。親の行動や言動を通して子供に示していくことで子供が自ら理解し自発的な考え方が芽生えてくるのではないでしょうか。

毎日の生活そのものを習い事としてとらえることで、親から子へさまざまなものを伝えることができます。一緒に料理を作ったり、子供と一緒に遊んだり、休みの日にお出かけをしたり、様々なことを経験することで子供の視野も広がり考え方や捉え方の幅を広げていくことができます。


通信教育は基本的に家庭学習です。
親が教えることが良い場合と、子供が一人で取り組んだほうが良い場合があると思いますので、それぞれの家庭でどのような方法で教材に取り組むべきかを考えていきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ