漢字が苦手な小学生の勉強法

<漢字が苦手な小学生の勉強法>

漢字は国語の要となる分野であると同時に日常の生活にも密接に関わってきます。

繰り返し学習が求められるのが「漢字」で小学校6年間で1,006字を学習することが定められています。

「漢字」は国語の基本であり、国語はすべての教科学習の基本。
「漢字」を書くのが得意だと答える小学生の割合は53.5%(ベネッセ教育総合研究所)という調査結果もあり、苦手な小学生もとても多いことが予想されます。

「読めない・書けない・覚えられない」から抜け出そう!

「漢字」は繰り返し学習を負担に感じてしまったり、書き順や正確に書くことを意識しすぎることで苦手意識が膨らんでしまうものではないかと思います。

漢字練習でノートに何度も書くことが負担になって単なる作業になってしまう光景を見たことはありませんか?

漢字を得意にするにはこの学習法から変えることです。
自分に合わせた漢字学習法を見つけて漢字を得意にすれば、おのずと国語の学力はアップしてテストでも点数を取ることができるようになります。

漢字学習例

漢字学習

それではいくつか漢字学習のポイントを考えていきます。


・まずは読むことから
漢字を読むことから漢字学習ははじまります。ひらがなやカタカナもそうであったように、まずは読む能力のほうが先に伸びていくものです。漢字が苦手な子供でもまずは「読む」ことからはじめることで興味・関心を持って漢字学習に取り組むことができます。「この漢字が読める」「この漢字はこう読むんだ」という積み重ねが漢字への苦手意識をなくしていくきっかけになるでしょう。

・分散学習のススメ
漢字だけを繰り返し勉強することで負担感が生まれてしまいます。漢字だけずっと勉強するよりも、漢字⇒読解⇒漢字⇒休憩⇒漢字というように分散して勉強することで精度の高い漢字学習をすることができます。漢字だけをずっと勉強していても単にたくさん書く事だけを目標にしてしまう傾向があるので、他の勉強を挟みながら漢字学習をしてみましょう。

・毎日決まった時間に「漢字学習」する習慣
毎日同じ時間に「漢字学習タイム」などをつくって取り組むのも効果的。宿題が終わった5分間漢字を勉強する、朝学校に行く前に漢字学習をするなどの生活リズムに合わせて習慣的に漢字を勉強する時間をつくってみましょう。

・ゲーミフィケーション要素を取り入れる
漢字の勉強を負担に感じるのは単に楽しくないからという理由もあります。現代はタブレット教材などが発達してゲーミフィケーション(ゲームの要素を取り入れた学習法など)を活用した学習法が注目されています。漢字学習でも例えば「進研ゼミ小学講座」ではクイズ形式で勉強をしたり、「スマイルゼミ」ではメダルを集めたりしながら楽しく漢字学習ができるシステムがあります。似ている漢字や使い分けなども含めて楽しみながら勉強をすることができるでしょう。

・漢検などの目標をつくる
日本漢字能力検定(=漢検)は一つの目標となるだけでなく学年に応じた漢字学習をすることができるのでおすすめ。目標があると頑張ってやろうという気持ちが芽生えます。もちろん漢検でなくても「1日1つ漢字を覚える」「漢字ドリルを1ヶ月でやり終える」などどんなことでもいいので目標を設定してみましょう。


漢字はある程度量の負荷が必要な分野。
繰り返し書くことで覚えていく学習も必要な事ですので、子供が自発的に取り組めるような方法を考えてみましょう。

漢字が好きになれば国語だけでなく他の教科の成績も好転すると思います。

自分に合った漢字学習法を見つけて、「読めない・書けない・覚えられない」から抜け出そう!。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ