添削の個別担任制とは?

<添削の個別担任制とは?>

通信教育で添削を実施している教材の多くは『個別担任制』で運営されています。

それでは『個別担任制』とはどういったものなのか?、利点や注意点などはあるのか?、などを検証していきたいと思います。


◆『個別担任制』は一定期間添削者が変わらないシステムです

大体の場合、1年間同じ添削者が指導・添削を行っています。
学年が変わると添削者も変わり、次の学年に進級するまで同じ型が添削を行ってくれるのが通信教育における『個別担任制』です。

小学生向け通信教育の中では「Z会」「進研ゼミ」「ドラゼミ」などがこの『個別担任制』を採用しています。教材によって呼び方も変わり『担任指導者制』と言ったりもしますが、基本的には同じことと考えて良いでしょう。

各教材添削者には一定の基準を設けており、それをクリアできる者だけが添削者に採用され実際に子供の指導を行っています。


◆『個別担任制』の大きな利点や特徴は?

年間を通して同じ添削者が課題を見てくれますので、子供の得意・ニガテな部分を把握しやすく、同じようなところで間違えていたら重点的に指導を行ってくれたり、アドバイスやコミュニケーションなどを通して親近感も湧くでしょう。

子供の成長している部分、努力している部分、学習の到達度なども、違う添削者になってしまうと分かりませんが、同じ添削者がずっと見ていればそういったところに気づき、評価して学習につなげることもできます。

類似問題や復習問題なども型にはまったものより、子供に寄り添った問題を提供して課題を返信してもらえば、より子供の学力につながっていきます。


◆注意したいポイントは?

添削者も人ですので、子供に合わないといったことがあるかもしれません。そういった場合は運営会社に連絡すれば変えてもらうことも可能だと思います。逆に運営側の都合により、やむを得ない理由などで担任が変わってしまうこともあります。

また、教材により添削方針の違いもありますので、『個別担任制』を重要視する場合は実際のサンプルなどを確認しておきましょう。




『個別担任制』は非常に良いシステムであると思います。通信教育を運営する側も添削には非常に力を入れています。その月の学習のまとめ的な課題が多いので、教材で学習したことの理解度や学習状況を知ることができ次に生かしていけますので、『個別担任制』の添削がある通信教育を軸に選んでみてはいかがでしょうか!

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ