新聞を読んでみよう

<新聞を読んでみよう>

活字媒体の利用率が低下し「活字離れ」ということばを聞くようになりました。

小学生で見ればここ10年ほど非常に読書率が上がり、2013年は1か月間(5月で調査)で読んだ本の数の平均は10.1冊という統計があります。

読書は想像力や色々な世界を体験でき、語彙や読解力も身についてきますのでとても大切なことであると思います。

小学生のうちに読書が好きになれば、大人になっても継続して本を読む習慣がつくのではないでしょうか。

では、新聞はどうでしょう。

データを見つけることができませんでしたのでどの程度読んでいる子供がいるのか分かりませんが、個人的にはそれほど多くないのではないかと思います。

新聞は時事問題や地域情報、テレビ欄やスポーツなど様々な情報が毎日届きます。

小学校低学年では読めない漢字や分からない言葉が多くあるかもしれませんが、高学年になればある程度の記事は読むことができると思います。

今国内・世界で起きていること、身近な行事や出来事など、何でも良いので子供が興味のあることから新聞を読んでみましょう。

意味が分からないことは一緒に考えたり、記事を読んで意見を出し合ったり、もちろんスポーツ欄で応援しているチームの勝ち負けを調べたりしても良いと思います。

「新聞やテレビのニュースなどに関心がある」と答える子供は小学6年生で65%以上です。

関心がある出来事を新聞で読み、考え、時には自分なりの考えを導き出したりしながら色々な世界を見て、もしかしたらそこから大きな夢が見つかるかもしれません。

また、新聞各社は小学生向けの新聞を発行しています。

小学生でも読める記事や関心があること、世の中の出来事を小学生目線で伝える新聞ですので、一般紙でなくともこういった小学生向けの新聞を購読してみるのも良いと思います。

新聞を読むことは今を知ること、国内はもちろん世界を知ることと、そして自分の知識・視野を広げていくことであると思います。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ