復習で自信を付けよう!

<復習で自信を付けよう!>

学校で勉強してきたことをその日に自宅で復習することで、勉強したことを学力として定着させていきましょう。

特に抽象度が高い単元や難度が高い問題は、授業時間だけではどうしても理解するところまでは至らないケースがあります。社会の年号や人物などもそうですね。

そしてどの教科も1年間で教科書を終えなければいけませんので、重要単元に時間を割いたとしても十分な学習時間が取れているとは限りません。授業だけですべてを理解できれば良いですが、多くの子供は授業だけでなく自宅での学習が学力に直結するでしょう。

「あとからでいいや」「授業でやったから大丈夫」ではなく、自宅で復習をすることで自分の力になり、蓄積された知識・学力は子供の自信につながります。

つまづき、苦手意識を残さない!

復習の大きな目的のひとつは、つまづきやニガテ意識を残さずに学習を進めていくということ。

どんな子供でもつまづきのポイントは必ずあるものです。それに気づきクリアにしていくことが非常に大切なのです。

つまづきやニガテは現時点では大きな問題にならないかもしれませんが、中学・高校へと進学した際に大きなハンデとなって自分に返ってきます。だからこそ小学生のうちにニガテを作らずどの教科もバランスよく学習していく必要があります。

特に算数はニガテ・嫌いがでやすい教科。
そして積み重ねの教科ですので、一度つまづいてしまうとなかなかニガテ意識を脱却するのが難しくなってしまいます。ただしこれは中学生以降の話し。

小学生の学習範囲であればニガテを得意にするのはそれほど難しいことではありません。取り組み方ひとつで理解度も上がり苦手意識をなくしていくことができると思います。算数は理解できると本当に楽しい教科です。その証拠に、小学生の嫌いな教科1位である算数は、好きな教科でも1位なのです。

通信教育を復習に活用しよう

小学生向けの通信教育の多くは、学校で使う教科書に合わせた「教科書準拠」で制作されています。

重要な問題や抑えておきたいポイントを効率よく復習できるのが大きな特徴で、どこを復習したらよいかわからないということもなく、授業の進み具合に合わせて効果的な復習ができます。

学校の授業で学習した問題にもう一度チャレンジしたり、授業とは違う角度から問題を考えてみたり、学力の定着度を計る確認テストとして活用してみたり、教科ごとにどのような利用方法もできるのが通信教育。子供が自発的にやる気をもって取り組めるように工夫もされているので、復習も兼ねて学習習慣を身につけ、チュッ学校以降にも良い影響を与える学習環境を作っていくこともできるでしょう。

どの教材を受講するにしても学校の授業との関係性を考えて勉強を進めていくことで、より良い学習が行えると思います。

通信教育は取り組み方次第でどのようにも活用できます。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ