小学生の集中力

<小学生の集中力>

学校の授業は45分、1日5時間目・6時間目まであります。

どの授業もしっかりと集中して取り組んでほしいところですがなかなかそうもいきません。

低学年であるほど集中力を維持するのは難しく、小学校中学年程度で集中力が持続するのは15分程度とも言われています。

これは家庭学習においても重要なポイントであると思います。

勉強をやった時間量ではなく、どれだけ集中して効果的な学習を進めていくことができるかが重要だと思います。

その為には毎日のタイムスケジュールを立てていくことが必要でしょう。

勉強はもちろんのことですが、テレビを見る時間、夕食やお風呂の時間なども含めたタイムスケジュールを立ててみましょう。

どの程度の時間をいつ勉強に充てるのかはそれぞれの家庭で環境が違いますので一概にいつが良いとはいえませんが、子供がより集中をして勉強に取り組むことができる時間帯、親も落ち着いて勉強を見てあげることができる時間帯を考えてみましょう。

学校の時間割のように○時○○分~○時○○分~ときっちり区切るよりは、ある程度アバウトなタイムスケジュールで良いと思います。

勉強が終わらず伸びることもあると思いますし、夕食の時間が遅くなってしまうこともありますからね^^

また、子供が集中して勉強に取り組めていないと感じた時は、臨機応変にタイムスケジュールを変更していきましょう。

集中力を高める方法として、勉強をする環境も大切になります。

雑音を排除したり整理整頓された机で学習をしたり、なかなか集中できない子供はそういった部分から変えてみましょう。

通信教育のように子供のやる気を引き出す工夫がされている教材を利用することも効果的だと思います。

楽しいことは誰でも集中して取り組むことができます。

勉強が「楽しい」と思えれば子供も前向きに集中して勉強をやることができるのではないでしょうか。

どうしたら子供が集中して家庭学習ができるかを考えてみる機会になればと思います。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ