小学生の通塾率

<小学生の通塾率>

小学生の通塾率について調べてみました。

本年度も4月21日に「全国学力・学習状況調査」が小学校は6年生を対象に行われましたが、昨年度のデータより各都道府県別の通塾率を出してみました。

非常に興味深い結果になっています。

結果はあくまで参考資料としてみましょう。
学校の宿題や自宅での学習などを総合的に考えて学習塾に有用性があれば通塾させても良いと思いますが、塾に通わせたからといって必ずしも学力が伸びるわけではありませんので、子供の意見・親の考えの中で必要かどうかを今一度考えてみましょう。

学習塾にも、進学塾、補習塾、集団指導、少人数指導、個別指導、映像型など多様なスタイルがありますので、学習塾に通う目的を明確にしていくことも大切だと思います。

それでは、通塾率をご覧ください。

全国の通塾率

<小学6年生の通塾率全国平均>

47.9%

<小学6年生の通塾率best5>

TOP5 WORST5
1位 東京都 58.0% 47位 秋田県 22.6%
2位 神奈川県 57.4% 46位 岩手県 28.2%
3位 兵庫県 56.3% 45位 山形県 29.4%
4位 和歌山県 56.0% 44位 青森県 31.8%
5位 奈良県 55.2% 43位 島根県 34.0%

「全国学力・学習状況調査」でトップの秋田県の通塾率が一番低いという大変興味深い結果になっています。

やはり総合的な学習への取り組み方がとても大切だということが分かりますね。

上記は小学6年生のデータになりますので、5年生以下では上記の数字よりも低い数値であることが予想されます。

学校外での学習方法は各家庭において様々な考えがあり一概に正解はありません。子供にとって何が良い学習であるのか、学力や能力を伸ばしていくのに何が適しているかを考慮して選んでいくことが必要だと思います。

通信教育、学習塾、家庭教師・ネット教材・・・、
学校外学習のツールは多種ありますので、環境・目標などに沿った学習法を選択、または組み合わせながらより良い学習環境を整えていきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ