小学生の勉強の進め方のヒント!

<小学生の勉強の進め方のヒント!>

・なかなか勉強をする習慣が身につかない
・学力が伸びていかない
・勉強をすることが嫌いだ

多くの小学生のいる家庭で上記のように勉強に対する悩みや不安があると思います。

色々やってみたけど効果がなかったり、子供の意欲を引き出すことができなかったり、親が一生懸命になっても子供に伝わらなくてヤキモキした経験のある方も多いのではないでしょうか。

前提として勉強の進め方ややり方はひとそれぞれです。環境・学力・学年などによって取り組みやすい方法があると思いますので、それを時間をかけて作り上げていくことが大切です。

いくつかの勉強の進め方のヒントを上げてみたいと思います。親が子供にどのように接していけば良いかを中心に考えてみましたので参考にしてください。

良い勉強の進め方のヒント

○学習環境を見直す
まずは子供の学習環境を整えてあげることが重要な事です。集中して勉強ができるか、家に帰ってきてからのスケジュールなどを見直して、子供が勉強をやりやすい環境をつくることはそれほど難しいことではありません。

○答えを考えさせよう
いっしょに勉強をしていると答えをすぐに教えて考え方や導き方を説明する方がいます。もちろんこの方法が有効な場合もありますが、基本的には子供にしっかり考えさせる行動をとらせるようにしましょう。自分で考えて自分で答えを導く力を身につけなければ学力は伸びていきません。

○叱らないで一緒に考える
勉強ができないからといって叱るよりも、子供に寄り添って一緒に考えていくほうが効果的な勉強ができるでしょう。頭ごなしに叱る、子供の意見を遮って叱る、子供の気持ちを萎縮させてしまう行動をとっていないか考えてみましょう。

○我慢して長期的な視野で教える
子供の勉強をみていると「何でこんな簡単な問題を・・・」と思ってついつい口が出てしまいますが、ちょっと我慢して子供の成長を長い目で見ていくことが必要。言うのは簡単ですが子供はそれでも一生懸命勉強しているのです。

○オーバーコーチングを止め子供主導の学び
上記に書いたことにも共通するのですが、親が教えすぎる(オーバーコーチング)を止めましょう。子供自身で考えて問題を解くことが大切な事なので、親主導ではなく子供主導の学びを心掛けていく。


今回は親の関わり方についていくつか考えてみました。

子供はきっかけ一つで勉強に対する考え方が変わります。通信教育をはじめるのも一つの方法ですし、学習環境を変えたり親が子供の意見を聞く環境をつくることでも意欲を引き出すことができます。

無理な学びではなく、自発的で自立した学習習慣をつくることができるように、各家庭での取り組み方を一度考えてみましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ