小学生が夏休み終盤にやっておきたいこと

<小学生が夏休み終盤にやっておきたいこと>

8月も半ばになってきて、お盆期間に帰省をするご家庭も多いと思います。

子供たちも楽しい楽しい夏休み。海や山、花火大会やお祭り、海外旅行に出かける家庭もあると思いますし、それぞれの家庭で想い出に残るようなワクワクする休み期間にしていきたいですね。

そして夏休みが終われば2学期へと移行をします。休みボケがないようにスムーズに学校生活に戻ることができるように、夏休み終盤に小学生がやっておきたいことや考えておきたいことなどを考えていきます。

自信をもって2学期をスタートしよう!

小学生

2学期のスタートを自信をもってスムーズに迎えることができるように、夏休み期間の終盤にやっておきたいことや取り組んでいきたいことを考えてみましょう。


■ 夏休みの課題・宿題の確認

まずは夏休みに出されている課題や宿題の確認をしておかなくてはいけません。終盤になってくるとやり忘れやためてしまった課題がある小学生も多いと思います。何をやらなければいけないのか、どんな課題・宿題が出ているのかを親子で一度確認をして、しっかりと夏休みが終わるまでにやり残しがないようにしていきましょう。もちろん前もって終わらせるのが一番なので、できるだけ後ろになってしまわないように心がけておくことも必要。


■ 生活リズムを整える

夏休みの生活リズムになっていた李、就寝時間・起床時間が遅くなっている人もいると思います。長期休みはついついダラダラと過ごしてしまいがちなので、スパッと学校が始まったからと言って切り替えることは難しい。夏休みの疲れもあると思いますし、学校が始まっても眠かったり集中できなかったりといったことがないように、少なくとも終盤は学校生活がある時と同じようなサイクルで生活をしていくようにしてください。


■ 目標を立ててみよう!

2学期からの目標をつくってみましょう。どんなことでも構いません。「毎日ちゃんと宿題をやる」「21時までには寝るようにする」など基本的なことでもいいですし、「苦手教科を克服する」「テストで100点を取る」「習い事をがんばる」など、自分が目標を立ててそれに向かって頑張るということが大切なのです。一つの大きな区切りとなるので、改めて目標を作ってみると意欲的に2学期を迎えることができると思います。


■ 夏休みを振り返ってみよう

楽しい楽しい夏休みも終わりになってくると、なんだか淋しい気持ちになったり、もっと休んでいたいという思いが出てくる子供もいるでしょう。夏休みを親子で振り返って「○○が楽しかったね、また来年行こうね」「△△をよく頑張ったね」というような会話をしてみることをおすすめします。休み明けブルーにならないように、楽しかった夏休みを終えてしっかりと普段の生活に戻ることができるようにしていきたいですね。


■ 準備や持ち物チェック

夏休み明けに学校に持っていくものや準備をしておかなければいけないものを必ず確認しておきましょう。休みの最終日だとあれもこれもないという事態になってしまうので、できれば1週間ぐらい前から余裕をもって準備をしておくことをおすすめします。その際自分で準備やチェックをする習慣を身につけていくためにも必ず子供と一緒に準備をすること。子ども自身で用意するもの、親が用意するべきものがあるので、コミュニケーションをしっかりと取りながら万全の準備を!


以上、最低限やっておきたいことだと思います。

各家庭でさらに追加して夏休み終盤にやっておくことがあると思いますので、2学期からの学校生活を考えて終盤こそ気を抜かずに夏休みを良い形で終えていきたいですね。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ