学習習慣を身につけるためには?

<学習習慣を身につけるためには?>

自宅での学習習慣を作ることは小学生の大きな目標のひとつといってもいいでしょう。

小学生のうちに学習習慣をしっかりと確立しておくことで、中学生や高校生になった時にも学力が伸びやすくなると思いますし、自主的な学びができるようになります。

それぞれの環境や性格などもあると思いますので、自分なりの学習習慣を徐々に身につけていきましょう。

自ら進んで学ぶ姿勢を作り、安定した学びの環境で学習習慣を身につけていきましょう。

学習習慣を身につけるポイント!!

勉強


学習習慣を自然に身につけていくために、いくつかのポイントを考えてみたいと思います。

効果的な学習に取り組んでいくことができるように、親子で話してみるといいと思います。


・勉強時間などルールをつくる

勉強をする時間・場所・内容などをルールとして決めてみましょう。例えば「学校から帰ってきたらまず勉強をする」というように決め事としておくことで習慣化を促していくことができます。また勉強をする場所も大切です。自分の勉強机でもいいですし、リビング学習などもおすすめ。それぞれの家庭環境などに応じて集中できる場所で勉強をしましょう。毎日の行動の積み重ねが学習習慣へとつながります。


・集中して短時間を毎日

小学生は長時間集中力が大人ほど続きません。低学年であればなおさらですので、短時間集中型の勉強がおすすめ。例えば「毎日30分勉強をする」「〇時~〇時は勉強の時間」というように時間を区切ってみるのもいいでしょう。自主的な学びを促していくためにも、時間設定などは親が主導ではなく子供の意見を基本に考えてみましょう。自分で決めた時間集中して勉強をすることができれば自主性も育ちますし、勉強への意識も高めていくことができます。


・学習をする環境をつくる

例えば近くにゲームや漫画があったり、テレビをつけっぱなしにして勉強をしていると集中した勉強ができません。勉強の時間はしっかりと勉強に向かうことができるように学習環境を整えましょう。気が散らないようにゲームや漫画を遠ざけたり、整理整頓された机で勉強をするなど学習環境はとても大切な要素です。


・学力に合わせた学び

学校の宿題・課題以外にも通信教育や学習教材で勉強をする児童も多いと思います。通信教育や学習教材が自分の学力やレベルと離れすぎているとモチベーションが下がって勉強への意欲も減退してしまいますので、自分の今の実力に合わせた内容、また少し難しいと感じるくらいのレベルの問題に取り組んでいきましょう。教材お選びはそういった視点からも考えて選択をしたいですね。


・保護者の協力

積極的に保護者も勉強に協力をしていきましょう。分からないところを一緒に考えたり、しっかり出来たら褒めてあげたりコミュニケーションをとることで安定した学習環境をつくっていく音ができると思います。子供が集中している時はそっと見守ったり、勉強がしやすい環境をつくってあげたり、子供も協力してくれていることを感じれば頑張る気持ちが芽生えます。


・規則正しい生活

文部科学省の調査で「毎日朝ごはんを食べている子の方が、学力が高い」傾向にあるということが分かっています。勉強に限ったことではなく健康面や成長面を含めて規則正しい生活を送ることは小学生が何よりも大切にしなければいけないことだと思います。寝不足で元気がなければ勉強にも集中することができませんので、まずは生活のリズムをつくり毎日を心身共に元気に過ごしていきましょう。


いくつかの視点から小学生が学習習慣を身につけていくためのポイントを考えてみました。

親子で話をしてよりよい方法で学ぶ習慣をつくっていきましょう。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ