学習習慣をつけるには?

<学習習慣をつけるには?>

小学生の勉強でとても大切な事。それは学習習慣を定着させること。

小学生だからこそ無理なく自発的に勉強をする習慣をつけることができ、習慣的に学ぶことで勉強に対する意識も変わりもちろん学力だって伸びていきます。

この基本的な学習習慣は必ず将来的にも役に立つもの。逆に言えば学習習慣がなければ中学校以降の勉強で苦労すると思います。

小学校のうちにしっかり身につけたい学習習慣。多くの家庭で習慣づけに取り組んでいると思いますが、無理なく学習習慣をつけていくためのポイントをいくつか紹介したいと思います。

学習習慣をつけるためのアドバイス

それでは小学生が学習習慣をつけていくためのポイントをいくつか紹介します。

○決まり事として計画を立てる
例えば、、、帰ってきたらすぐに宿題をやる、夕食前に勉強を終わらせる、というように毎日の決まり事としての計画を立ててみましょう。生活サイクルの中で勉強の時間を計画的に入れ込むことで、学習をする時間を子供自身も理解しやすく生活リズムもできるようになります。

○できることをやるようにする
出来ないことをやっても続きません。子供ができることから徐々にスタートさせていく必要があります。これは学習内容にも言えること。難しい問題や理解ができていない問題ばかりをやっても勉強がイヤになって継続した勉強はできません。できることを積み重ねていくのが学習習慣にも学力にも一番の近道です。

○親のサポート
小学生の勉強には親のサポートが必要不可欠。「勉強をしなさい!」「何でやっていないの!」と叱ってばかりいると強制的にやらされているだけで学習習慣をつけることはできません。親は子供が良い環境で学ぶことができるようにサポートしていくことが大切。

○誘惑のある環境をつくらない
ゲーム・テレビ・漫画など小学生にとって誘惑が家庭にはたくさんあります。勉強をする場所にそういった誘惑のあるものを置かないようにしましょう。子供は勉強の最中でもゲームがやりたくなったりテレビを見てしまうものです。初めからそういった誘惑がない環境で決められた時間学習をする習慣をつけていくことが望ましいと思います。

○ながら勉強はやめる
勉強をやるときにテレビをつけっぱなしにしていたり、音楽を聴きながらやっていたり、ながら勉強は校絵率の悪い勉強になってしまいます。短時間でも決められた時間集中して勉強に取り組むためにながら勉強はやめましょう。

○勉強へ対する理解を促す
本人が勉強の大切さや面白さに気付いたり、効果的な勉強法や学習習慣を理解していくことができると自発的・自主的な学びをすることができます。自学自習や学習習慣においてこの部分はとても重要なものなのですが、いくら親が口で言ったとしてもなかなか理解できるものでもありません。通信教育を活用したり様々な人の意見を聴くなど、本人が勉強の価値や必要性を理解できるような取り組みを実践してみましょう。

無理強いをするのではなく学習計画の見直しも大切

計画を立ててもその通り実行できなかったり、計画がきつすぎて疲れが出てしまうような計画はしっかり見直していくことも必要。

計画はあくまで計画。学習の進み具合や子供のやる気や医師などを考慮して随時変更していくものなのです。

また、無理にやらせようとしてもそれは「やらされている」勉強。子供が自発的に勉強ができるように、学習計画を立てる段階から子供の意見や考えを基本にした計画を立ててみましょう。

親主導ではなく子供主導が基本だと思います。

勉強をするのは子供ですし、誰のための学習計画可といえばそれも子供のためのもの。そこに子供の意見が反映されていないのはおかしいことなのです。親の希望や考えもあると思いますが、子供の考えを尊重して子供が自主的に勉強ができる環境をつくることこそが学習習慣をつけることにつながります。

習慣はいきなりつくものではありません。
長い目で見て子供により良い学習環境をつくっていきましょう!

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ