学習習慣をつくるために大切な事

<学習習慣をつくるために大切な事>

小学生のうちにしっかりと身につけておきたいことのひとつに「学習習慣」があります。

学習習慣が身についていないと、学力に差が出てしまうばかりでなく勉強嫌いになってしまうこともあるので、将来を見据えて小学生の今だからこそ学習習慣を定着させていくようにしたいですね。

と、言っても、実際にはなかなかいうことを聞いてくれなかったり、思うように習慣的な勉強ができないケースが多いと思います。

学習習慣を定着させるために親の取り組みや働きかけがカギとなるので、親子で一緒に学ぶ習慣作りを過程で始めてみましょう。

学習習慣を身につけるために考えたいこと

親が子供の勉強に係わらないでもほっておいて学習習慣が身に付く子供は多くありません。基本的には親がしっかりと子供の学びに係わっていくこと、一緒に学ぶ環境をつくっていくことが自然だと思います。

「いつ」「どこで」「どのように」と学んでいくかを親子で考えて、より良い環境をつくっていきましょう。


「いつ」勉強をやるのか
まずはいつ勉強をするのかを決めて計画的に取り組んでいく環境をつくってみましょう。学校から帰ってきてすぐ、夕食後、朝早く起きて、など子供のリズムに合わせたり日々の生活サイクルに応じて学びやすい時間帯を決めていくといいでしょう。帰宅後のタイムテーブルを作成して「この時間は勉強の時間」と決めていくことで、自然に毎日のサイクルのなかに勉強をする時間を作っていきます。


「どこで」勉強をやるのか
場所というのも学習習慣をつくるうえで大切になる要素です。集中して落ち着いて勉強ができる場所でなければ気が散ってしまいますし、毎日違う場所というよりも決めた場所で習慣的に勉強をする環境をつくったほうが自然だと思います。決して自分の勉強机でなくても構いません。リビングでもいいですし台所のテーブルだっていいでしょう。落ち着いて学ぶことができる環境をそれぞれの家庭の様子に合わせて決めてみましょう。


「どのように」勉強をやるのか
例えば時間で区切るのか、内容で区切るのか。他にもどの教材を活用するのか、毎日必ずやることなどを決めておくと意欲的に勉強に取り組みやすくなります。全部自由にやるよりも親がある程度範囲や取り組み内容を提示してあげたほうが継続して勉強をする習慣が身に付くと思います。

学ぶ楽しさ・面白さの実感が大きなポイント!

小学生勉強

継続した学びの習慣をつくるためには、「学ぶことの楽しさ」「できる・わかることの面白さ」など実感が必要になってくると思います。

楽しければ自発的に進めていきますし、面白ければもっと知りたいという気持ちも芽生えます。

教材や学習法でそういった実感を生み出すこともそうですが、何よりも一番近くにいる親が同じように学びに対する意識を持つことが必要なことではないでしょうか。

勉強は「苦しいもの」「面倒なもの」ではありません。親がそういった考えだと「勉強をしなさい!」「ちゃんとやりなさい!」とついつい口うるさくなってしまいます。

親も一緒に勉強をしたり本を読んだり、楽しく学んでいる姿勢を子供に見せてあげることでその背中を子供に示してあげましょう。

子は親の背中を見て育ちます。立ち居振る舞いを真似ます。
だからこそ学びに関しても親が率先してその姿を見せてあげることが大切な事ではないでしょうか。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ