学習環境から教材を選んでみよう!

<学習環境から教材を選んでみよう!>

「どの教材が子供に合っているのか?」
「どの教材を選んだら良いかわからない」

当サイトでも「通信教育を個別に徹底比較!」 「通信教育比較検討」などのページで、選び方の紹介や比較検討をしていますので参考にしてみてください。

総合的に子供の目標や学力などに沿っている教材を選ぶのが一番良いと思います。最終的には実際に資料を請求しサンプル教材を試したり、多角的な比較検討をそれぞれのご家庭の教育方針や目標・子供の学力や伸ばしたい力などを考慮し選んでいくことになると思います。

そこで今回は子供の置かれている学習環境からの教材選びを考えてみましょう。


塾・教室・習い事などとの両立

現在または今後学習塾や各種教室、各種習い事やスポーツなどとの両立面から教材を考えてみましょう。

まずは通信教育に充てることができる学習時間や日数を考え、その中で効率よく学習が行えるような教材選びをおすすめします。

また、学習塾や教室などの場合はどちらに比重を置くのか、同じように力を入れていくのかをしっかり考えましょう。

例えば、塾メインで通信教育はまとめや確認のみで考えている方は、問題中心の教材が良いです。塾のサポート的な感じで考えている方はある程度解説があり、塾や教室の学習内容に近い教材を選んだほうが良いと思います。


宿題やその他教材に取り組む時間

学校の宿題に毎日どの程度時間をかけていますか?。

子供の集中できる時間はある程度限られてしまいます。宿題が終わって満足感や達成感で教材に取り組むことができず放置してしまわないように子供としっかり話し合ったうえで通信教育を始めましょう。

宿題のほかにも現在取り組んでいるほかの教材がある場合も同じで、家庭での勉強を「あれもこれも」にしてしまうよりは、集中できる環境や時間を考慮した教材選びを行いましょう。


家庭学習の環境づくり

通信教育もそうですが、家庭での学習環境を整えてあげることも必要であると思います。

子供が自主的に学習に取り組めるような環境、親と一緒に学ぶことができる時間、勉強をする場所など、各家庭での学習環境づくりをその家庭のスタンスで考えてみましょう。

小学生のうちは特に机に向かって勉強しなくても良いと思いますし、子供が勉強を進んでできる環境、集中して取り組むことができるように子供と話し考えてみましょう。



今回はそれぞれの学習環境から通信教育を選ぶことを少し考えてみました。

もちろん子供の数だけそれぞれの環境があると思いますので、何が正解というより子供により適した学習ができるように通信教育を考えてみてはいかがでしょうか。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ