学校から帰ったらいつ勉強をするべきか?

<学校から帰ったらいつ勉強をするべきか?>

皆さんのお子様は学校から家に帰っていつ勉強をやっていますか?

毎日宿題がある学校もあるでしょうし、塾や通信教育などに毎日計画を立てて取り組んでいる子供もいると思います。毎日の家庭学習習慣を身につけるのは小学生の年代にやっておきたいこと。学習に対する意欲や学ぶことの楽しさを体感しながら、子供が「イヤだなぁ~」「勉強はつまらないなぁ~」という思いをしないように家庭学習を進めていきたい。

勉強が苦手な子供や嫌いな小学生は、家庭における学習について環境を整えてみると案外子供は素直に学ぶことの楽しさを発見することができるかもしれません。今回は家庭における勉強について考えてみたいと思います。

[勉強][遊び][食事]の順番を考えてみましょう

帰宅してからの[勉強][遊び][食事]の3つの事を考えてみましょう。

○ [勉強]→[遊び]→[食事]の順番
この順番が一番しっくりくると思います。
優先順位として宿題や通信教育といった学習を一番に考え、 [勉強]から取り組むことで規則正しい学習習慣を身につけやすくなります。子供に、まずやらなければいけないことをやる習慣をつけることもできます。

○ [勉強]→[食事]→[遊び]の順番
夕食の時間にもよりますがこれだとたっぷりと学習の時間をとることができると思います。もちろん小学生の集中力はそれほど長く続きませんので、そのあたりを考慮する必要がありますが、この順番でも効果的な学習ができると思います。

△ [遊び]→[勉強]→[食事]の順番
例えば友達・家族との遊びを大切にしたいと考えるのであればこの順番でも良いと思います。友達と過ごす時間は子供にとって大切な時間。ただこの場合はしっかりと[勉強]ができる時間を確保しておくことが大切。[遊び]が楽しすぎて時間がずれ込むこともあるので注意しなければいけません。

△ [食事]→[勉強]→[遊び]の順番
なかなか難しい順番だと思いますが、[遊び]の前に[勉強]をしているのは良いことだと思います。ただ、最後に遊びを持ってくると就寝時間が遅くなりがちですのであまりお勧めはできません。

× [遊び]→[食事]→[勉強]の順番
この順番はお勧めできません。
楽しく遊び夕飯を食べた後になかなか勉強に取り組む気持ちになれない子供は多いと思います。楽しいテレビ番組があったり、疲れて眠くなったり、学習習慣を身につけることは難しいと思います。



いくつかのケースを考えてみました。
もちろん、その過程の学習環境や家族の生活サイクル等で様々な方法があると思いますので、各家庭でしっかり考えて計画的な学習ができると良いと思います。

アドバイスとしては、[遊び]の前に[勉強]をすることです。

楽しく遊んで疲れてしまったり、遊ぶことが楽しくてなかなか止めれなくなったり、[遊び]を先にしてしまうとどうしても学習習慣を作ることが難しくなります。

基本は[遊び]の前に[勉強]です!

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ