つまづき・学習の遅れを克服しよう!

<つまづき・学習の遅れを克服しよう!>

小学生の勉強のつまづき学習の遅れなどを着実にクリアにしていきましょう。

まず大切のなどはどこにつまづいているのかを確認することです。

子供自身で把握できていれば良いのですが、どこにつまづいたのか、どこが理解できないのか分からなければ、ただ漠然と「難しい」「できない」となってしまいそのまま苦手意識へとつながっていく要因になるでしょう。

つまづきやすいポイントや重点的に学習しておきたいポイントなどを分かりやすく解説している通信教育教材もあります。通信教育教材や学校のテスト・宿題などを利用してつまづきや重点ポイントを確認してみましょう。

自分でつまづきを克服

つまづきポイントの克服は自分自身でできるようにしていきましょう。

「つまづきの認識→チャレンジする→克服」の流れがとても大切なことです。

学校の先生に聞くことはすぐに出来ますが、個別にしっかりとした対応をしてくれるか分かりません。自分でつまづきにチャレンジすることでみずから困難を克服していく力も養うことができます。この力は将来的にも必要なもので、何か問題や困難があった時に、逃げずにその問題や困難に立ち向かっていく姿勢が大切になると思います。

自分なりの学習方法や考え方、家庭での学習の習慣、答えを導くまでの回り道やひらめき、つまづきや学習の遅れをクリアにした時の達成感など得られるものは大きいと思います。

ヒント・アドバイスを与える

つまづいたポイントは当然理解が難しかったり子供一人では対応ができない場合もあると思います。

そんな時は答えを導くヒントやつまづきを克服するためのアドバイスなどを与えることでつまづきの克服へと導いていきましょう。

いわば「親が先生になる」ということです。

子供のレベルに合わせてヒント・アドバイスは様々。
ちょっとした考え方や解き方のコツを教えるだけで案外できてしまったり、しっかりと道筋を立ててあげることで基礎の基礎からの理解を促したり、一緒にディスカッションをしながら勉強をしたり、スタイルに合わせた方法で手助けをしていきましょう。

基礎をしっかりと固める

例えば算数で答えが合っていたとしても、問題をちゃんと理解していなければ意味がありません。また同じような問題がでた時に解き方が身についていなければ解くことができないでしょう。

基本的な知識や解法などはとても大切なことです。

逆に基礎がしっかりしていなければ応用的な問題は解くことができません。

どこから手を付けていけば良いかわからない子供は、まず基礎の復習をしてみると良いと思います。


以前「つまづきやすい算数」という記事を書きましたが、特に算数は積み重ねの教科です。中学校・高校へと進学をしても基本に小学校の算数があります。

一度子供の実力を確認してみるのも良いのではないでしょうか。

通信教育を選ぼう

一押し Z会 小学生コース 小学ポピー スマイルゼミ
本物の学力を身につける教材。良問・質の高い添削で人気の教材! 自学自習・自宅での学びを大切に考える家庭学習教材。 多角的な学びで本質的な理解ができるタブレット型通信教育。
個別に比較 各通信教育を個別に徹底比較してみましょう。
気になる教材は資料・サンプル教材を取り寄せ、
それぞれの家庭で実際に確認していきましょう。
通信教育を個別に徹底比較!
ランキングをチェック 人気ランキングをチェックしよう!
ランキングは毎月更新!
半期や年間ランキングも集計して公表しています。
人気ランキング

通信教育を選ぼう

サブコンテンツ

このページの先頭へ